大分県臼杵の石仏(磨崖仏・まがいぶつ)

▶ in 歴史・史跡 posted 2011.03.27 Sunday / 10:46


今回の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします
被災された方々に心からお見舞い申し上げ
一日も早い復興をお祈りいたします

震災以来、写真もブログも少しお休みしておりましたが、被災していない我々が元気を出さねばと、再開します。

臼杵石仏(うすきせきぶつ)(磨崖仏・まがいぶつ)

今日は、大分県臼杵市の“臼杵の石仏”の写真をご紹介します。

臼杵石仏 01

臼杵石仏(磨崖仏・まがいぶつ)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われています。
規模、数量(60余体)、彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群であり、昭和27年国の特別史跡、昭和37年国の重要文化財の指定を受け、平成6年には保存修理工事を終え、平成7年に磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に59体が指定されました。

臼杵石仏 02


宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション




臼杵石仏 03 地蔵菩薩及び十王像

臼杵の石仏群は100m四方程度の間に4群に分かれ、地名によって、ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏)、同第2群、山王山石仏、古園石仏と名づけらており、それぞれは石段で結ばれています。
周辺は桜の木も多く、桜の咲く時期はさぞ美しく絵になる事でしょう。

臼杵石仏 05 山王山石仏群の覆堂

臼杵の石仏と言えば、古園石仏の、中尊大日如来像が有名です。(最初の写真)
以前は仏頭が崩れ落ち、下の台座におかれた状態でした。
この姿はインパクトがあり、印象深く、ある意味、それが臼杵石仏のシンボル的存在だったのですが、修復工事により平成5年8月に仏頭が復位したようです。(下記写真はパンフレットに掲載されたものです。)

臼杵石仏パンフレットより 01

修復すべきか、そのままの状態を保つべきか、意見が分かれたようです。

臼杵石仏 04 古園石仏群全景

住所 大分県臼杵市大字深田804-1 (臼杵インターからすぐです。)
駐車場・市営の無料駐車場あり
営業時間
4月〜9月 6:00 〜 19:00 まで
10月〜3月 6:00 〜 18:00 まで
料金
大人(高校生以上)530円 小人(小中学生)260円
ガイド地図 → 臼杵市観光サイトリンク(地図PDF)

*臼杵の石仏の写真については、後日Webページにて紹介予定です。




主に宮崎の写真ですが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

「ひむかブログX2」について

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 ひむかブログX2 | 大分県臼杵の石仏(磨崖仏・まがいぶつ) 〜

Comments

Photo Miyazaki メインページへ戻る



宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp


PAGE TOP