龍馬伝 鹿児島ロケ 霧島ロケ

▶ in 歴史・史跡 posted 2010.07.29 Thursday / 07:36


いやぁ〜「龍馬伝」気合入ってます。
坂本龍馬 紋7月27日朝から鹿児島県〜宮崎県にまたがる霧島連山の高千穂峰(1574m・宮崎県高原町)に登り、「龍馬伝」のロケを行なったようです。

塩漬温泉にある龍馬公園の坂本龍馬 おりょう像

前回、関連記事「龍馬伝、第3部、いよいよ長崎ロケ・鹿児島ロケなどが」で、史実通りに、高千穂峰に登って欲しいなぁ〜とは書いたものの、さすがに登山ロケは無理だろうなぁ〜、今回の鹿児島・霧島ロケは霧島神宮とか、犬飼滝あたり、高千穂峰は裾にある高千穂峰への登山口でもある「高千穂河原」辺りに落ち着くかなと、内心は思っておりましたが、良い意味で見事にハズレてくれました。
高千穂峰 夕景


それにしても気合い入ってます!坂本龍馬役の福山さんをはじめ、全員が実際にに高千穂峰に登り、早朝5時〜19時の長時間ロケに挑んだようです。
詳しくは下段に掲載した今回の龍馬伝鹿児島ロケ関連のニュース記事リンク&個人の方のブログ記事(写真等もあり)等を参照してください。

天の逆鉾
[高千穂峰山頂・天の逆鉾(あまのさかほこ)霧島東神社社宝・鉄あるいは銅製 ]

前回記事でも書きましたが、龍馬伝で楢崎龍(お龍)を演じる真木よう子さんが、NHK綜合の「龍馬を愛した女たち〜ヒロインたちの龍馬伝〜」という番組で、高千穂峰に登っておりました。
今、思えばこの「龍馬伝」本番ロケの下見・予行の意味もあったのかも知れませんね。
今回のロケ、頂上部は時折ガスが出て、天気が今ひとつだったようですが、無事撮影を終えたようです。

龍馬とお龍は頂上にある「天の逆鉾」を引いたそうで、まさか本物の「天の逆鉾」は抜けないだろうし、周りの景観も当時とは違うでしょうし、あのシーンはどうするのかなぁ?と大変興味ありましたが、別に用意した当時の状態つまり鉾先の無い「天の逆鉾」を実物に見立て、逸話同様、引き抜いたようです。

天の逆鉾について

天の逆鉾は霧島の度々の噴火により鉾先が折れてしまい、柄だけの時代があったようで、龍馬が登った時にも柄だけでした。
鉾先は都城市吉之元町の荒武神社の御神体として祀られていたそうですが、戦後の混乱の中で紛失してしまったと言われます。
現在の鉾先は後付のものであり、いつ誰が付けたかは分かっていないそうです。(宮崎県高原町広報誌より)

磯海水浴場、龍門司坂、栄之尾温泉でもロケ

7月28日は、磯海水浴場(鹿児島市・千巌園の近くにあります。龍馬が桜島を見つめるシーン)、龍門司坂(たつもんじざか)(姶良市)、霧島の温泉(栄之尾温泉・霧島市)で撮影が行なわれ、鹿児島市の仙巌園でもロケも計画していたようですが、雨で中止となったようで、記者会見だけ行なわれたようです。

龍門司坂 03

このブログでも2つ前の記事で偶然「鹿児島県 龍門司坂」を題材に書きましたが、龍門司坂は加治木島津家が嘉永8年 (1631年) に造ったもので、かつては大名行列や物資の搬出などに使われ、江戸と薩摩を結ぶ重要な街道、明治10年(1877年)2月、西南戦争では総勢6千名とも言われる薩摩兵士がこの坂道を登って熊本方面を目指したとの事。
現在は、全長1,500mの内、500m弱を当時の状態で見る事ができます。

歴史的背景もバッチリな大変雰囲気の良いところです。
平成元年と二年にNHKドラマ「跳ぶが如く」の撮影も行われており、「篤姫」の参勤交代のシーンでも使われたというブログも見かけましたし、NHK御用達ロケ地のようです(^^)

最近はCGでいかようにも誤魔化せるのでしょうけど、どこにいっても電柱電線建物・・・人工物だらけで、なかなかこういう時代のロケをするところは少なく、結果的に同じところとなってしまうのでしょうか。

今回の「龍馬伝」鹿児島ロケ・霧島ロケは総勢160名(スタッフ60人のほか、地元の100人がボランティアとして参加)のロケ隊とか・・
どんな映像になっているのか、今から楽しみですね。

鹿児島ロケ 第38回「霧島の誓い」9月19日 1シーンのみ9月5日の第36回「寺田屋騒動」で放送

鹿児島での収録分は第38回「霧島の誓い」9月19日に放送。
(ロケの感じからだと、おそらく放映は少しの時間と思いますが・・・)

1シーンのみ9月5日の第36回「寺田屋騒動」で放送予定とのこと。
(9月5日の第36回「寺田屋騒動」、山の中の坂道で弥太郎がコケたシーンがあったと思いますが、あのシーンが龍門司坂と思います。それにしても、弥太郎、最近はなんだか、笑いをとるシーンが目につきますね。 )

坂本龍馬の新婚旅行

以下は 霧島市広報紙より一部引用
慶応2(1866)年12月 坂本乙女宛の手紙(抜粋)

この後3日大阪に出、4日に蒸気船に乗り込み、長崎には9日に着き、10日に鹿児島へ行きました。
この時は薩摩の京都留守居役 吉井幸輔も一緒で船の中でいろいろ話していきましたが、温泉へ一緒に遊びに行きましょうということで吉井に誘われ、また、二人連れで霧島山へ行く途中、日当山の温泉に泊まり、また、塩浸温泉(しおひたしおんせん)という温泉にも行きました。
霧島神宮にあった坂本龍馬とお龍ここはもう大隅地区で和気清麻呂が庵を作って修行したところで、陰見の滝(いんけんのたき)[現在の犬飼の滝(いぬかいのたき)]もあり、その瀑布の高さは50間(100m)もあり、滝の途中は崖に触っていません。
実にこの世の外かと思うほどの珍しい所です。
ここで10日ほど泊まって遊び、谷川の流れで魚を釣り、ピストルで鳥を撃ったりして、大変おもしろく過ごしました。
その後はまた山深く入って霧島の温泉に行き、ここから又山上に登り、天の逆鉾(さかほこ)を見ようと妻と二人ではるばる登りましたが、橘南谿(たちばななんけい)の西遊記(孫悟空のではなく、中国、四国、九州などの旅行記)の記述ほどではないけれど、どうもひどい道で女の足には難しいようでしたが、とうとう「馬の背越え」までよじ登り、ここで一休みして、またはるばると登り、遂に頂上に登ってあの天の逆鉾を見ました。

やれやれと腰をたたいて、はるばる登りましたが、右の絵のような思いもかけぬ顔つきの天狗(てんぐ)の面があり、二人で大笑いしました。

ここに来れば、非常に高い山なので、目の届く限り見え渡り、すばらしかったのですが、なにぶん4月のことでまだ寒く、風も吹くので、そろそろと降りました。

 わりと原文 → 坂本龍馬の手紙/慶応2年12月4日付坂本乙女宛

3月10日 鹿児島城下に到着。
3月16日 霧島に向けて出港。浜之市に上陸し日当山に着く。
3月17日 塩浸温泉に着く。
3月28日 霧島山に出発、硫黄谷温泉に泊まる。
3月29日(新暦5月13日) 高千穂峰に登る。華林寺の宿坊に泊る。
3月30日 硫黄谷温泉に帰る。
4月1日 塩浸温泉に帰る。
4月8日 日当山に帰る。
4月11日 浜之市に帰る。
4月12日 浜之市をたち、鹿児島城下に帰る。
6月2日 桜島丸に乗船して鹿児島を出航。

この時、龍馬32歳、お龍27歳だったようです。
龍馬の新婚旅行については、Hayato.com(鹿児島のnickさん)がよく調べてらっしゃいますので、ページへのリンクを記しておきます。
Hayato.com:歴史探訪:龍馬・新婚旅行・高千穂峯に立つ

龍馬ハネムーンロードまっぷ

龍馬とお龍の新婚旅行の地「霧島」の関連情報をまとめた鹿児島県発行のパンフレットです。
表(PDF)裏(PDF)


宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション




龍馬伝 前編・後編 NHK出版

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 龍馬伝 後編


「龍馬伝」鹿児島ロケ霧島ロケ翌日の報道記事などのリンクなど

 *リンク先のニュース記事等は、大半が時間の経過と共に消失することをご了承願います。

「龍馬伝」鹿児島ロケ お竜との新婚旅行など撮影

西日本新聞 - ‎(2010年7月29日)
NHK大河ドラマ「龍馬伝」で主人公の坂本竜馬を演じる福山雅治さんと妻お竜役の真木よう子さんが27、28両日、鹿児島県霧島市などで野外撮影に臨んだ。9月19日の「霧島の誓い」で放送予定という。鹿児島市の島津家別邸「仙巌園」で記者会見した福山さんは「嫁さん ...

福山雅治、「龍馬伝」でひと足先にハネムーン体験「いい感じ」

ORICON STYLE - ‎(2010年7月29日)
日本初のハネムーン先と言われる鹿児島県内で27日から28日にかけて、NHK大河ドラマ「龍馬伝」のロケが同地で初めて行われた。慶応2年(1866年)3月、寺田屋事件で九死に一生を得た坂本龍馬(福山雅治)は妻・お龍(真木よう子)を伴い、西郷隆盛らのすすめで薩摩で療養し ...

福山龍馬“ウキウキ新婚旅行”真木お龍と混浴

スポーツニッポン - ‎(2010年7月29日)
NHK大河ドラマ「龍馬伝」(日曜後8・00)の鹿児島ロケが28日、鹿児島市内の観光名所「仙巌園」付近で行われ、龍馬役の福山雅治(41)、妻・お龍役の真木よう子(27)が参加した。鹿児島は1866年3月、2人が日本初といわれる新婚旅行で訪れた場所。 ...

龍馬とお龍“2度目の新婚旅行” 大河ドラマ鹿児島ロケ

南日本新聞 - ‎(2010年7月29日)
大河ドラマ「龍馬伝」の鹿児島ロケが27、28の両日、霧島、鹿児島の両市であった。坂本龍馬役の福山雅治さんと妻お龍役の真木よう子さんが、霧島への新婚旅行のシーンなど撮影に臨んだ。 高千穂登山の模様は27日早朝から撮影。龍馬が日本を変える決意で、山頂の天の ...

福山龍馬夫妻が新婚旅行/県内で撮影

 朝日新聞 - ‎(2010年7月29日)
県内で27、28の両日、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の撮影があり、龍馬役の福山雅治さんらが撮影に臨んだ。新婚旅行で霧島・高千穂峰を登るシーンなどが地元のエキストラ約10人が参加して撮影された。9月19日に放送予定。 28日に予定されていた仙巌園(鹿児島 ...

福山龍馬、新婚旅行ぜよ

 スポーツ報知 - ‎(2010年7月29日)
NHK大河ドラマ「龍馬伝」(日曜・後8時)の鹿児島ロケが28日、行われ、主人公・坂本龍馬役の福山雅治(41)、妻・お龍役の真木よう子(27)が旧島津家別邸の仙厳園で会見した。 鹿児島は龍馬とお龍が日本初と言われる新婚旅行で訪れた場所。2人が実際に登った ...

「龍馬伝」霧島で新婚旅行ロケ

 読売新聞 - ‎(2010年7月29日)‎
NHK大河ドラマ「龍馬伝」の撮影が霧島連山などで行われ、28日、坂本龍馬役の福山雅治さん(41)と妻お龍役の真木よう子さん(27)が、鹿児島市で記者会見を開き、鹿児島の印象などを語った。 撮影は27、28日に霧島、鹿児島市などで行われた。27日は新婚 ...

検索で見つけた霧島・高千穂峰ロケの写真等

ロケボランティアの方のレポート
ふるさと霧島.com 龍馬伝霧島ロケ
龍馬伝 霧島ロケ | まるごと霧島.com
ぼちぼちいこか やっぱり雨のMont-Low-Walk 〜(2)龍馬に会うの巻 高千穂峰登山編
お日さんの匂い... ましゃ「霧島ロケインタビュー」by.情報WAVE

NHK大河ドラマ「龍馬伝」鹿児島ロケ!(鹿児島市サイト)
「磯海水浴場」から桜島を眺めるシーンですが、桜島上空は雲に覆われてしまっているようです。 → 鹿児島市ページ

リンク先で二・三、山頂付近の画像、拝見しましたが、山頂付近は完璧にガスってますね、あれはちょっと・・・。
運良くガスの切れ目をねらって撮影できていれば良いのですが。



余談ですが・・
西日本新聞の記事だけ、「龍馬」が「竜馬」、「お龍」が「お竜」となっているようです。
「竜馬」にに関しては、司馬遼太郎の小説(大河ドラマにもなった)“竜馬が行く”の作品で使われた字です。
「竜」を使ったのは、司馬遼太郎自身がフィクションとしての龍馬を描いたためとも言われているようですが、お竜に関しては私も知りません。 
でも・・世間では・・お龍と共に、お竜もよく使われているのも事実です。

坂本龍馬か坂本竜馬、正しい漢字はどっちですか?
  → Yahoo!知恵袋
龍馬の名前「龍馬」と「竜馬」
  → 高知県立坂本龍馬記念館

そういえば、今回鹿児島でのロケ地にもなった「龍門司坂」ですが、国指定文化財になる前、鹿児島県指定文化財の時は「竜門司坂」でした・・。

Wikipedia リンク 坂本龍馬 | 楢崎龍

大河ドラマの歴代“龍馬”「三姉妹」から「龍馬伝」まで8人の龍馬(竜馬)を振り返る。
 → アカイさんノート(NHK)

龍馬伝 第三部のプロモーションビデオ
 (鹿児島の部分はありません・・長崎ロケ分のみ)
 小サイズ |大サイズ (NHK龍馬伝サイトより)


高千穂峰登山

高千穂峰では過去滑落死事故が何度か起きておりますし、ここ最近、年に一度は遭難事故を耳にします。
霧島は全国でも有数の雨の多いところです。裾が晴れていても安心できません。
もし興味を抱き、高千穂峰へ挑戦される方は、天気等、十分調べ、気温の変化、風雨対応の装備等もお忘れなく、ザレ・ガレに足をすくわれないよう、十分注意して登山してください。
高千穂峰は特に下山の際、注意してください。
登山におすすめの時期は、なんといってもミヤマキリシマが咲く5月中〜後半です。
龍馬も丁度このころ登山し、ツツジについても坂本乙女宛の手紙に書いてます。

高千穂峰 山頂より

此所ニきり島ツヽジヲビタヾシクアル 
此穴ハ火山のあとなり渡り三町斗アリ すり鉢の如く下お見るニ おそろしきよふなり

 当方の高千穂峰登山記 高千穂峰のミヤマキリシマ

環境省の調査によると、年間2万9800人が登山しているそうです。

スピリチュアル・パワースポット 霧島東神社

高千穂峰は鹿児島県霧島市・宮崎県小林市・宮崎県都城市・宮崎県西諸県郡高原町にまたがっておりその境も複雑です。
高千穂峰の主峰は高原町になりますが、御鉢、一般的な登山口である高千穂河原は鹿児島県霧島市となります。
高千穂峰山頂に立つ、天の逆鉾は高千穂峰の東麓、御池を見下ろす標高500mに鎮座する霧島東神社のご神宝で、高千穂峰山頂部は神社境内の飛び地と聞いております。
機会があれば、霧島東神社(宮崎県高原町)も訪ねてみてください。
霧島東神社は“江原啓之さん”の本でも紹介されてましたが、筆者もオススメするスピリチュアル・パワースポットです。

当サイト内 坂本龍馬関連ページ
 亀山社中 記念館(長崎) 龍馬通り(長崎) 龍馬の銅像(長崎)

高千穂峰県境地図

高千穂峰は、宮崎県側(高原町・都城市)ですし、宮崎県側ももっとPRしてもよさそうな気がするのですが・・皆無。
高千穂峰含めた霧島えびの観光PRくらいは施しておいた方が良かったのかなと。
“仕込み的には”もう遅いとは思いますが、せっかくの機会だったなのに、勿体無い気がしました。

追記 龍馬伝鹿児島ロケ特集 →  NHK
写真を見ると、山頂はやはり霧の中でしたね・・(まわり真っ白では、スタジオ撮りと間違えられるかも?)


[追記 09.21]

龍馬伝 霧島の誓い 見ました。

ロケ風景を見て心配した霧・雲なども、むしろかえって霊峰・高千穂峰の雰囲気をかもし出しており、良かったです。
「天の逆鉾」をエクスカリバー並?に勇ましく抜いて指したのは、抜いて柄のところが天狗の顔をしているようで、お龍と笑ったという、龍馬の乙女宛ての手紙の内容(ある意味史実?)とは少し、違うような気もしましたが、もしかすると、龍馬は実はあのような心境であったのかも知れませんね。あの行動をとったかは誰にも分かりませんが。
乙女宛てに龍馬が書いた手紙に書いてある内容は、実は龍馬が真実を書いたものではなく、姉向けに後で面白おかしく冗談まじりで書いたものかも知れませんし。

龍馬伝 霧島の誓い 放映以降、当サイト内、高千穂峰ページ・高千穂峰登山ページにもかなりアクセスがありましたし、Googleの検索ランキングで「天の逆鉾」が放送後、かなり上位にランキングされておりました。
これがきっかけで霧島・高千穂峰へ興味を抱き、観光に来て頂けると良いのですが・・。
ただ、高千穂峰へ安易なハイキング気分で登らないで下さい。
天候調査や、服装(山の天候は急変します気温も低くなります。)所持品等十分気をつけてください。
一般的な高千穂峰への登山道は「高千穂河原」からになります。
ガレ岩登りの御鉢まではそうでもないですが、高千穂峰はザレでかなり滑る難所です。(特に下りに注意が必要)
龍馬伝でもこの区間(馬の背〜高千穂峰山頂)は撮影には険しく撮影をしなかったのか、良い絵が取れずカットされたのか、映像がありませんでした。

高千穂峰は、過去に滑落などで死者が出ている事も十分認識しておいてください。
(参考)
疑似遭難体験その3|晩秋の霧島山高千穂峰の暴風雨(外部リンク)

〔追記〕
2011年1月、霧島連山の新燃岳がマグマ噴火を起こしました。現在も断続的に噴火しており、噴火警戒レベル3・周辺3Kmは立ち入り規制されております。高千穂峰をはじめとする霧島連山は殆どの山は入山禁止となっておりますのでご注意下さい。
 2011年(平成23年)の新燃岳噴火時系列

〔資料〕
塩浸温泉龍馬公園にある資料館「この世の外」でいただいた資料より

坂本龍馬は、1866年(慶応2年)、寺田屋事件で受けた刀傷を癒すため、妻お龍とともに薩摩を訪れ、塩浸温泉で湯治をしながら、霧島を満喫人生最高の日々を過ごしました。この旅が「日本最初の新婚旅行」と言われております。

旧暦(カッコ内は新暦)
■1月21日(3月7日)薩長同盟成立。会談は龍馬到着が遅く、龍馬不在のまま京都薩摩藩邸で開かれた。
■1月23日(3月9日)24日未明午前2時頃、京都伏見寺寺田屋で三吉慎蔵と共に幕士に襲われ手傷を負うもののピストルで応戦して危機を脱す。大山彦八に救出され薩摩藩邸に囲われる。西郷は兵一個小隊と医師を派遣。
■2月5日(3月21日)薩長連合の確認を求める桂の書簡に裏書きす。
■2月12日(3月28日)中岡偵太郎入京。龍馬32歳、この頃中岡の仲人でお龍との結婚を正式に披露。この頃西郷・小松に霧島に傷によく効くという評判の塩浸温泉湯治を勧められる。
■2月29日(4月14日)龍馬はお龍を連れ、鹿児島に向け京都を出立。
■3月1日(4月15日)大阪間の薩摩蔵屋敷に着く。船支度を待つ。
■3月4日(4月18日)薩船「三井九」に乗船。小松、西郷、桂久武、吉井友実等と鹿児島に向かう。中岡慎太郎、三吉慎三も同道。縁結びのこの旅が日本人の新婚旅行第1号となる。二大雄藩の薩長連合が成り、お龍を得この先は薩摩を目脂Lて遊覧の旅。時まさに、爛漫の春である。
■3月6日(4月20日)下関で中岡・三吉下船。下関に泊まる。
■3月9日(4月23日)長崎に寄る。
■3月10日(4月24日)鹿児島着。西郷、小松、吉井邸に泊まる。
■3月16日(4月30日)吉井友実が譲い、龍馬夫妻塩浸温泉へ。小松帯刀夫妻は3月14日より4月8日まで、25日間霧島栄之尾温泉へ湯治に出発。穏やかな錦江湾に雄大に浮かぶ桜島を眺めながら船で浜之市港へ。日当山温泉へ泊まる。
■3月17日(5月1日)この日より塩浸温泉で11泊し手傷の治療をす。この間、月日まで特定できないが、和気清麻呂公史蹟に立ち寄る。史蹟といっても斉彬公お手植の松があっただけ。しかし犬飼滝と渓谷を見下ろし、右手に桜島、左手に高千穂峰を望めるこの場所は絶景であった。蔭見滝(犬飼滝)や塩浸温泉は「この世の外かと思われ候はどめずらしき所なり。谷川の流れにて魚を釣り、短筒で鳥を撃つ。誠こおもしろかりし。(姉乙女に宛てた手紙より)」と記されている。塩浸の谷は、岩つつじが満開の頃であり、近くの安楽や妙見の温泉、和気湯など温泉巡りもしただろうし、ニ人は遠い京のことなど忘れ、一生で一番楽しい幸せな日々であっただろう。
■3月28日(5月12日)龍馬夫妻、吉井友実の案内で、栄之尾温泉の小松帯刀のお見舞いに行く。牧歌的な萱葺きの家が続く中津川路。行く春の風を体いっぱい受けながら、真正面に見える霧島連山に向かって歩いた。足もとには菜の花やれんげ・桜の花が咲き、鳥が鳴き、水ぬるむ春の真っ盛りの中津川街道。和気公やこの地を13年前に訪れ没後8年たった島津斉彬公の実績を偲びつつ、ただのんびりと岳の温泉をめぎした。硫黄谷温泉泊。
■3月29日(5月13日)龍馬夫婦念願の高千穂登山。途中高千穂峰を矢立でスケッチする。馬の背越えではあぶなくてお龍の手を引く。天の逆鉾に笑い、おびただしい霧島ツツジに感動。霧島神宮を参拝し、御神木の樹齢千年近い大杉を見る。華林寺泊。
■3月30日(5月14日)再び硫貴谷温泉泊。吉井友実が待っており、同行して4月1日塩浸温泉へ帰り7泊する。
■4月8日(5月22日)日当山温泉に帰り3泊する。
■4月11日(5月25日)浜之市に帰り船待ちで1泊するも、宿は不明。
■4月12日(5月26日)浜之市より乗船。鹿児島へ帰る。小松帯刀原良別邸へ約50日間滞在するも毎日どこで何をしていたかは、記録がないため不明。
■4月14日(5月28日)開成所に行く。5月1日桜島九来る。
■5月19日(6月15日)寺内氏より四両三歩の金を借用し、短刀合口をこしらえる。
■6月2日(7月13日)龍馬夫妻は桜島丸にて天保山より出港、帰途につく。


霧島温泉で創業100年の老舗旅館 清姫温泉
清姫温泉




主に宮崎の写真ですが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

「ひむかブログX2」について

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 ひむかブログX2 | 龍馬伝 鹿児島ロケ 霧島ロケ 〜

Comments

Photo Miyazaki メインページへ戻る



宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp


PAGE TOP