龍馬伝、第3部、いよいよ長崎ロケ・鹿児島ロケなどが

▶ in 歴史・史跡 posted 2010.07.18 Sunday / 11:24


NHK大河ドラマ「龍馬伝」ごらんになってますか?
坂本龍馬 紋私は、最所は何気に見ておりましたが、香川さん演じる「岩崎弥太郎」がお気にいリで、毎回楽しみに見ております。

その「龍馬伝」ですが、本日、第29回「新天地、長崎」より第三部「RYOMA THE NAVIGATOR」に入り、いよいよ舞台は、九州・長崎へと移ります。

龍馬伝 前編・後編 NHK出版

龍馬新天地長崎へ(NHK龍馬伝サイト内ページ)

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 龍馬伝 後編

参考まで、龍馬伝は4部構成のようで下記の構成となっているようです。
  • SEASON1 RYOMA THE DREAMER   1月〜
     第1部:龍馬誕生、江戸に剣の修行へ出る→脱藩するまで
  • SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER 4月〜
     第2部:幕臣・勝海舟に師事し、神戸海軍操練所で学ぶ
     → 政変によって操練所が閉鎖に追い込まれるまで
  • SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR  7月〜
     第3部:長崎の華やかさ、外国人がいるエネルギーを表現
     → 薩長同盟が成立するまで
  • SEASON4 RYOMA THE HOPE    9月〜
     第4部:海援隊の結成と大政奉還
     →龍馬暗殺死まで

NHK鈴木CPによると「第3部はメンバーを一新し、まったく新しいドラマになる」との事、個人的には第2部後半が、間延び、少し中だるみ気味だったので、今回の第3部に期待しております。

第3部プロモーションビデオ |同、画面(大) (NHK龍馬伝サイトより)

3部最後の第38回(9月19日放送予定)「霧島の誓い」では鹿児島、霧島ロケのお龍との旅行も放映予定のようです。(これが日本最初の新婚旅行と呼ばれています。)
* 一シーンのみ第36回「寺田屋騒動」9月5日にも放送予定との事。

薩長同盟〜寺田屋騒動〜龍馬の結婚〜新婚旅行・・楽しみですね。

龍馬伝長崎ロケ


「龍馬伝」の長崎ロケはこれまでに二回行われているようです。

一回目、2月24日・25日のロケでは、ハウステンボスの「観光丸」を使った大村湾での船上ロケでした。
「観光丸」を咸臨丸、順動丸に模して使用。
咸臨丸の上で龍馬は勝麟太郎からジョン万次郎を紹介されるシーン 第16回(4月18日放送)
文久3(1863)年、龍馬、勝、長次郎を乗せた順動丸は品川から神戸を目指して航行 第18回(5月2日放送)などで使われました。
キャスト
 福山 雅治(坂本龍馬 役)
 武田 鉄矢(勝麟太郎 役)
 トータス松本(ジョン万次郎 役)・・・24日のみ
 大泉 洋(近藤長次郎 役)・・・・25日のみ

 以前撮影したハウステンボスの観光船 その2

第二回目の長崎ロケは 5月27日〜29日の3日間
崇福寺(そうふくじ)(長崎市鍛冶屋町)、グラバー邸大浦天主堂(日本二十六聖殉教者天主堂)、外海、佐世保市浅子で行われたようです。
第27、29、30、31、33回で放送予定との事

 福山 雅治(坂本龍馬 役)
 伊勢谷友介(高杉晋作 役)
 蒼井優(芸妓(げいこ)お元 役)
 余貴美子(大浦慶 役) など

 龍馬伝長崎ロケ 長崎市WebSaite(PDF)

崇福寺(そうふくじ)は坂本龍馬と何か由縁があるのかなぁ?とネット検索で調べてみましたが、よくわかりませんでした。

大浦天主堂(日本二十六聖殉教者天主堂)


宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション




長崎の龍馬と言えば・・亀山社中

長崎での坂本龍馬といえば、なんと言っても龍馬たちが作った海運会社「亀山社中」は外せない存在でしょう。
亀山社中再生 坂本龍馬像
龍馬が初めて長崎の地を踏んだのは、元治元年(1864)2月23日 亀山社中設立のために再度長崎に来たのは翌1865年の6〜7月頃だったようです。

亀山社中跡(亀山社中記念館)

実は、熱しやすく冷めやすい「坂本龍馬ファン」の私(^^;)、行ってきたですよ、「亀山社中跡にある亀山社中記念館」に。
ここは現在、個人宅ですが、2009年8月、長崎市が借り「亀山社中記念館」として公開しております。
展示物等は全てレプリカですし、坂本龍馬ファンは特に目新しいものは無いと思いますが、かつて龍馬がいたその地に立っているという事だけでも、大満足ではないかと。

普通の家の大きさですので、同時に入館できる人の数は限られております。
これから龍馬伝で亀山社中が露出するようになると、当然、多くの方が訪ねると思われます。
休日等は「入場待ち」も覚悟しておいた方が良いかと。
行くなら、朝、開館間際でしょうか。
朝は比較的暑さも和らいでいますしね。

龍馬通り

長崎市寺町通りの禅林寺と深崇寺にはさまれた路地から、亀山社中跡(亀山社中記念館)を経て風頭公園(かざがしら公園)に至る、石段の坂道は、坂本龍馬をはじめ幕末の若き志士たちが登り下りした道で、「龍馬通り」と呼ばれています。
龍馬たちはこの坂を上り下りしてたんだなぁ〜と思うと歩いていて感慨深いものがありあますね。
長崎市内全般に言えることですが、長崎は坂道主体の町ですので特に夏場は辛いです(^^;)
水分を補給しつつ望まないと、脱水症状になるかも知れません。
カキ氷の看板についつい誘惑されろうになります(謎)

龍馬通り 猫

そうそうこの付近は猫が本当に多いです。

龍馬通りをさらに登って行くと、坂本龍馬像のある、風頭公園(がざがしらと読みます)に出ます。
途中にある、若宮稲荷神社境内にある、原型となった坂本龍馬像(エスキース)もご覧になると良いかと。

写真好きな方は是非、プロカメラマンの開祖、上野彦馬の墓参りも!

風頭公園近くに、日本におけるプロカメラマンの開祖上野彦馬の墓があります。
あまりに有名な坂本龍馬の肖像写真(上部に掲載)、実はこれも上野彦馬がとらえた坂元龍馬の晩年の一枚といわれております。(この写真については、実際には彦馬の弟子が撮影したなど、いろいろな説があるようです。)
文久2年(1862)暮れ、上野彦馬は中島川河畔に日本最初の商業写真館・上野撮影局を開設。
上野撮影局では、龍馬をはじめ多くの志士や、明治の高官、名士が撮影。
伊藤俊輔(伊藤博文)、高杉晋作、桂小五郎たちの写真が今日あるのも上野彦馬のおかげと言えます。
龍馬伝では テリー伊藤さん が上野彦馬を演じるそうです。


坂本龍馬関連企画展

現在 長崎市内では以下の二つの坂本龍馬展が行われております。
両方とも見ましたが・・特に感動はありませんでした。

 長崎奉行所・龍馬伝館  長崎まちなか龍馬館

その他に・・

NHK大河ドラマ『龍馬伝』全国巡回展

 会場では、ドラマのメイキング映像上映、ドラマに登場する衣装や小道具や出演者サイン色紙、番組の見どころや時代背景解説、龍馬にちなんだクイズなどのパネル展示をご覧いただくことができます。
年代を問わず、お楽しみいただけます。
大河ドラマ「龍馬伝」の放送をご覧いただくとともに、時代背景もわかる番組展をぜひ、ご体感ください。

主催:NHK 入場料:無料
会期・会場 本日以降の九州内会場のみピックアップしました。

【宮崎】9月23日(木・祝)〜9月28日(火) 宮崎県立図書館
(宮崎県民としては、高千穂峰ロケ(第38回9月19日放送予定)「霧島の誓い」の直後というのがうれしいです。)
【大分】10月9日(土)〜10月10日(日) スタジオ
【鹿児島】10月29日(金)〜10月31日(日) ハートプラザ
【佐賀】11月3日(水)〜11月7日(日) ハートプラザ
【北九州】11月27日(土)〜12月5日(日) 門司港海峡ドラマシップ 多目的ホール
 ※「ハートプラザ」「スタジオ」は、NHK各地の放送局内の施設です。
(以上、NHKサイトより)

こんなのもあるみたいです。
福山x龍馬展覧会 JR長崎駅 7月1日〜8月31日
福山x龍馬展覧会 JR鹿児島中央駅/霧島市 西郷公園 7月18日〜7月31日


長崎では自転車に乗る人をあまり見かけない。

長崎の街自体それ程大きくないので、今回、ミニサイクルを持参、車を港近くの一日貸し駐車場に駐車し、自転車で回りましたが、困ったのは自転車を停めようにも駐輪所が殆ど無い事でした。
良く良く見ると、そもそも長崎の街を自転車で走っている人が殆どいない。
後で聞いた話だと、長崎は坂の多い街なので自転車に乗る方があまりいないようです。
自転車に乗らないから必然的に乗る練習もする必要もなく、自転車に乗れない方も多いとか・・。
確かにあの坂道で、幼い頃自転車の練習は出来ないだろうしなぁ・・と妙に納得した次第です。

異国情緒ある街 長崎 また行きたいなぁ〜


龍馬伝 鹿児島ロケ地はやはり霧島かなぁ〜

現時点では、鹿児島(霧島)
でロケを行なうことだけしか告知されていないようです。
日程等は長崎ロケ同様、当然非公開でしょう。
ロケは霧島でしょうから、塩浸温泉、犬飼滝、高千穂峰霧島神宮 あたりでしょうか。
塩浸温泉はセットで出来るでしょうから、おそらくここはないかな?
霧島神宮あたりでしょうか。 

坂本龍馬・お龍ハネムーン行程表 1866年(慶応2年)

龍馬とお龍(りょう)は83日間の旅のうち鹿児島市に57日間、霧島市に26日間滞在しています。昔は男女で旅行を楽しむという習慣はなく、この霧島への旅が日本初の新婚旅行といわれています。
  • 3月4日 薩摩三邦丸に西郷隆盛・小松帯刀・中岡慎太郎らとともに乗船して大阪を出港。
  • 3月10日 鹿児島城下に到着。
  • 3月16日 霧島に向けて出港。浜之市に上陸し日当山に着く。
  • 3月17日 塩浸温泉に着く。
  • 3月28日 霧島山に出発、硫黄谷温泉に泊まる。
  • 3月29日(新暦5月13日) 高千穂峰に登る。華林寺の宿坊に泊る。
  • 3月30日 硫黄谷温泉に帰る。
  • 4月1日 塩浸温泉に帰る。
  • 4月8日 日当山に帰る。
  • 4月11日 浜之市に帰る。
  • 4月12日 浜之市をたち、鹿児島城下に帰る。
  • 6月2日 桜島丸に乗船して鹿児島を出航。

行程は、霧島市の公報紙を参考に記載しました。

天逆鉾 霧島 高千穂峰以前、龍馬伝でお龍を演じる真木よう子さんが、NHK綜合の「龍馬を愛した女たち〜ヒロインたちの龍馬伝〜」という番組で、高千穂峰(1574m)に登っておりましたが(NHK)、今回のロケでも、是非高千穂峰に登ってほしいなぁ〜

龍馬とお龍の高千穂峰へ登った話なくして、“龍馬の新婚旅行”は語れませんからね。

高千穂峰主峰は宮崎県となり、宮崎県高原町と都城市の境です。
頂上の「天の逆鉾」は宮崎県高原町にある「霧島東神社」の社宝であり、またその周りの頂上部は霧島東神社の飛び地、境内となります。
今からちょうど130年前、慶応2年(1866年)日本の歴史の大転換期に坂本龍馬と妻おりょうは、薩摩(鹿児島)に訪れています。
霧島神宮にあった坂本龍馬とお龍京都伏見の寺田屋事件(1866年1月23日未明)で幕史に襲われ九死に一生を得た龍馬は、妻おりょうとともに霧島の山深く入り温泉で傷を治しながらその足で霧島山(高千穂)の峯にある天の逆鉾を見ようと妻おりょうと高千穂登山をしています。
姉乙女への手紙によりますと「天の逆鉾」を見て天狗の面に似ていると二人で微笑んだと記されています。
下山途中は一面にみやまきりしまが咲きほころび美しい情景であったそうです。
またその足で霧島神宮をお参りし、大きな杉の木もあるが御神殿の建物にも奥深いものがあると感じながらここに一泊しそこから霧島の温泉に戻り4月12日鹿児島へ帰っているようです。
坂本龍馬が鹿児島へ訪れた行程は88日間と示され、現在の新婚旅行とも言われています。
このことは龍馬が姉乙女宛へ送ったと言われる手紙から抜粋し要約したものです。
参考文献(京都国立博物館蔵より)1996.12 霧島町 (以上 霧島神宮 案内版より引用)
高千穂峰 山頂より

かつて坂本龍馬は、高千穂峰山頂よりこの光景を見て 
此所ニきり島ツヽジヲビタヾシクアル 
此穴ハ火山のあとなり渡り三町斗アリ すり鉢の如く下お見るニ おそろしきよふなり
 と、慶応2年(1866年)12月4日付、坂本乙女宛の手紙に書いている。

坂本龍馬の手紙より 慶応2年12月4日付坂本乙女宛 → Wikisource

坂本龍馬らが高千穂峰に登ったのは、慶応2年(1866年)3月29日、新暦にすると、5月13日、丁度ミヤマキリシマが咲く頃ですので、龍馬らはその頃を見計らったのではないでしょいうか?おそらく、手紙にある「きり島ツヽジ」は、後に「日本の植物学の父」といわれる牧野富太郎(1862年-1957年)が1909年に命名することになる「ミヤマキリシマ」の事でしょう。
実は、牧野富太郎氏も新婚旅行で霧島方面を旅行した時にミヤマキリシマを発見、そして命名されたようです。
そして、牧野富太郎も龍馬と同じ、高知県生まれだったりします。


NHK大河ドラマ「龍馬伝」 霧島ロケを予定
南日本新聞 7月10日 より 一部引用
“NHKは9日、大河ドラマ「龍馬伝」第3部で坂本龍馬と妻お龍が旅行した霧島でのロケを予定していることを明らかにした。ロケの日程、出演者など詳細は明らかにしていない。”

霧島市公式ページより
こういった働きかけもあり、龍馬伝の鹿児島ロケは実現したのでしょうね。→ 霧島市公式ページ市長の活動報告(平成21年1月分)より“1月22日(木)NHKへの表敬訪問 鹿児島県観光課からの依頼を受け、来年2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」での鹿児島ロケの誘致を図るため、中原県誘致促進協議会会長や奈良迫県観光プロデューサー等とともにNHK政策局を表敬訪問いたしました。制作局第2制作センター長をはじめチーフ・プロデューサー、ディレクターの方々と面会し、龍馬とお龍が訪れ楽しんだ塩浸温泉や高千穂登山のことをはじめ霧島の魅力を熱く語り、霧島ロケの実現を訴えました。”

おりからの山ガールブームも手伝い?霧島観光の追風となることは間違いないでしょう。


龍馬伝関連リンク

 龍馬伝 NHK
 龍馬伝 NHK長崎
 発進、龍馬伝 NHK高知
 ドラマ情報 あらすじ NHK長崎放送 ネタバレ注意

 歴史作家桐野作人さんのブログ記事の「龍馬伝カテゴリー」
 →龍馬伝 | 膏肓記
 史実とドラマの違いなど大変参考になります。

 NHK「龍馬伝」関連、書籍、CD、DVD、ブルーレイなど

 坂本龍馬やお龍など幕末の著名人写真を多く掲載 → 幕末写真館

PS: 龍馬伝 第29回 「新天地、長崎」 ご覧になりましたかぁ? 新たな顔ぶれも加わりわくわくする面白さです。
特に、高杉晋作を演じる伊勢谷友介はなかなか“はまって”ますね。
見逃した方は、7月24日(土) 総合/午後1:05〜の放送でご覧ください。

龍馬伝 第29回 新天地、長崎 7月18日
龍馬伝 第30回 龍馬の秘策  7月25日
龍馬伝 第31回 西郷はまだか 8月1日
龍馬伝 第32回 狙われた龍馬
龍馬伝 第33回 亀山社中の大仕事
龍馬伝 第34回 侍、長次郎
龍馬伝 第35回 薩長同盟ぜよ
龍馬伝 第36回 寺田屋騒動
龍馬伝 第37回:「龍馬の妻」
龍馬伝 第38回:「霧島の誓い」


龍馬伝鹿児島ロケは7月27日、28日。27日に高千穂峰ロケが行なわれました。

龍馬とお龍“2度目の新婚旅行” 大河ドラマ鹿児島ロケ 南日本新聞
“大河ドラマ「龍馬伝」の鹿児島ロケが27、28の両日、霧島、鹿児島の両市であった。
高千穂登山は2度目という真木さんは「すごくいい所。お龍として登ることができて幸せ」と笑顔をみせた。”

福山雅治、龍馬伝でひと足先にハネムーン体験「いい感じ」
 → ORICON STYLE(オリコンスタイル)
“薩摩で霧島山に伝わる「ニニギノミコトが国を治めるために降臨して、天逆鉾を頂上に突き刺した」という神話を聞いた龍馬が登山を決意。
女人禁制の山のため、お龍は男装して一緒に登り、頂上で龍馬は逆鉾を引き抜く。
生まれ変わった気持ちで、日本を変える先頭に立つと誓って再び逆鉾を突き刺した龍馬だったが、幕府では第二次長幕戦争の準備が着々と進められていた。”

福山龍馬“ウキウキ新婚旅行”真木お龍と混浴
 スポニチ Sponichi Annex ニュース
“報道陣をシャットアウトし、市内の温泉で混浴シーンを撮影。福山は「楽しみ」と笑い、風呂に向かった。
福山龍馬の鼻の下は明らかに伸びきっていた。「龍馬伝」の見せ場の一つといわれる新婚旅行の混浴シーン。
撮影前の会見で福山は「楽しみです。あくまで普通に」と“優等生発言”。しかし顔はごまかせなかった。”

「龍馬伝」鹿児島ロケ お竜との新婚旅行など撮影
 西日本新聞
“28日には仙巌園でのロケも計画していたが、あいにくの雨で中止となった。”

ロケボランティアの方のレポート

28日は「磯海水浴場、龍門司坂(姶良市)」でロケが行なわれたようです。
「龍門司坂」は平成元年と二年にNHKドラマ「跳ぶが如く」の撮影も行われております。

今回の「龍馬伝」鹿児島ロケは総勢160名のロケ隊とか・・

「龍馬伝」の地方ロケは2009年8月の岩手県遠野市、同10月の広島県福山市、同12月の高知県高知市、2010年5月の長崎県長崎市に続き鹿児島で5度目とか。

このつづきは → 龍馬伝 鹿児島ロケ霧島ロケ




主に宮崎の写真ですが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

「ひむかブログX2」について

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 ひむかブログX2 | 龍馬伝、第3部、いよいよ長崎ロケ・鹿児島ロケなどが 〜

Comments

magdofu19852016/09/09 02:55 AM

Excuse for that I interfere ナI understand this question. Let's discuss. Write here or in PM.,

stamesal19732016/09/09 02:10 AM

Excuse for that I interfere ナAt me a similar situation. Write here or in PM.,

sieworhbu19732016/09/02 05:54 PM

Excuse for that I interfere ナI understand this question. I invite to discussion. Write here or in PM.,

Photo Miyazaki メインページへ戻る



宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp


PAGE TOP